« ヒゲの唄 | トップページ | ファビュラストレンド入りしてるけど叶姉 »

2017年8月11日 (金)

安倍自公政権の当事者能力なき日本防衛。

<北朝鮮の朝鮮人民軍の金絡謙キムラクキョム戦略軍司令官が9日、新型中距離弾道ミサイル火星124発を同時発射し、グアム沖30〜40キロに撃ち込む案を検討していると発表した。実施されれば島根、広島、高知の上空を通過すると予告した。朝鮮中央通信が10日伝えた。8月中旬までに計画を最終的に完成させ、金正恩朝鮮労働党委員長の命令を待つとしている。米朝間の緊張が、がぜん高まってきた。
金司令官は、トランプ大統領が8日、北朝鮮に対し世界が見たことがない炎と怒りに直面するだろうと武力行使を示唆して警告したことについてゴルフ場に閉じこもっていた米軍統帥権者の妄言は、我がミサイル兵の神経を一層刺激していると反発。グアム周辺へのミサイル発射計画について、具体的な飛行ルートを発表した。
4発の火星12は島根、広島、高知の上空を通過し、33567キロを飛行。飛行時間17分45秒でグアム沖30〜40キロの海上に着弾するとしている。金司令官は我が取ろうとしている軍事的措置は、朝鮮半島とその周辺での米国の狂態を制止する効果的な処方になるだろうと主張。国民に必勝の信念と勇気を与え、米国の哀れな立場を認識させるため、発射を国民に公開することも検討している。
一方、マティス米国防長官は9日、体制の終わりや人民の滅亡につながる行動をやめるべきだと警告した。金正恩体制の崩壊に言及したのは初めて。マティス氏は北朝鮮による世界的脅威について米国務省は外交的解決を目指して全力を尽くしているが、米国と同盟国は世界で最も強固な防衛攻撃能力を持っていることに留意すべきだとしている>(以上日刊スポーツより引用)

北朝鮮が打ち上げるミサイルはまだ完全にコントロールできる代物ではないようだ。なぜなら日本の島根、広島、高知の上空を通過すると述べているからだ。
島根、広島上空を通過したミサイルがいきなり高知上空を通過できない。途中で愛媛か香川か徳島上空を通過しなければならない。しかし北朝鮮の科学技術水準ではミサイル弾道計算でそこまで確たる弾道を把握できないということなのだろう。

それなら猶更、日本の上空でミサイルが異常を起こして弾道軌道を外れて日本に墜落しないとも限らない。いったい金正恩はいつまで一発数十億円もするミサイルを撃つ危険な火遊びを続けるつもりだろうか。
国民は金正恩の狂気に恐怖しないのだろうか。恐怖だけではない、国民に還元されるべき国家予算を核とミサイル開発に乱費する指導者を支持しているとは信じられない。

しかし日本国民も大きな顔をして北朝鮮国民を批判できない。なぜなら碌に道交法を熟知しない男がハンドルを握り、道路標識を勝手に書き換えて一方通行に入り込んだり、道路標識で速度制限60/hとあるところを私の乗っている車は緊急車両だと称して一般車両を蹴散らして同乗させた友達を優先して目的地へ運ぶ、といった無茶苦茶な男が総理大臣になっているからだ。
だが、北がミサイルに核弾頭を搭載して日本上空100で爆破させたなら強烈な電磁波が電気網や通信網を破壊して多数の死傷者を出すことは想像に難くない。日本にとってレッドラインは日本上空に北のミサイルが日本列島を飛び越えた1998年8月31日の段階だった。

しかし日本のマスメディアは北の脅威を当時は殆ど報じなかった。それから20年近くたって、北のミサイルが米国に到達するかも知れない、という段階になって上へ下への大騒ぎだ。何という能天気だろうか。
米国はグアム近海(30ないし40は領海ではなく、接続経済水域だが)に北のミサイルが発射されたなら撃墜すると明言している。主権国家として当然の行為だ。日本政府が秋田沖の接続経済水域に到達した北のミサイルに対して強硬に抗議したというのも能天気に過ぎる。

安倍氏は勇ましく戦争法を制定したが、米国のポチになるのは勇ましいが、日本の国家と国民を守るためには臆病な小型犬のようにただキャンキャン吠えるだけだ。
それかといって北朝鮮へ出かけて金正恩氏と話し合おうともしない。こんな無能な総理大臣は百害あって一利なしだ。国内で憲法を捻じ曲げてコソコソするのは巧妙でも、北朝鮮問題には頬被りして素知らぬ顔だ。こんな総理は一日も早く退陣すべきだ。

« ヒゲの唄 | トップページ | ファビュラストレンド入りしてるけど叶姉 »